フォーク・SFFの投げ方って?

フォーク・SFFの投げ方って?

フォーク・SFFの投げ方って?

フォークはよく耳にすることのある投げ方で、人間の眼が縦変化に弱いという特徴を上手く利用した投げ方となっています。
基本的にフォークを投げると、真っすぐボールが飛び、急にボールが落下するため、打者にとってはとらえにくいボールとなるのです。

 

フォークはカーブなどとは違い、回転を抑えることで、より急激にボールを落下させることができるため、いかに回転を抑えるかがピッチングのポイントとなってきます。
フォークは人差し指と中指をしっかりと広げ、ボールの縫い目に指がかからない様に握り、指の間からボールを抜くような感覚で投げることが基本です。
握り方、投げ方のコツをしっかりとつかむことで、回転を抑え、高低差を出すことができ、空振りを狙うことができますよ。

 

打者の手前ですとんと落ちるフォークを投げられると、ここぞという時に打者を三振に打ち取ることができますね。
ただ、フォークは誰でも練習次第で投げられるという変化球ではなく、いくつか投げるための条件があります。

 

まず、何よりも握力が強いこと。
握力が強いほど、いいフォークが投げられます。

 

次に、指が長いことです。
指が短くても、工夫次第ではフォークを投げられることもありますが、指が長い方がより投げやすいでしょう。

 

最後に、指の関節が柔らかいことですね。
フォークはボールを深く握り、指の握力でボールを固定して、なるべく回転数を抑えて投げる変化球です。

 

これらの条件を満たしていないとなかなか投げられませんし、満たしていたとしても、連続して投げると握力が低下したり、故障の原因にもなりかねません。
強力な武器になる分、投手の負担も大きいのです。

 

フォークの具体的な投げ方として一般的なのは、ボールの縫い目に掛からないようにして人指し指と中指でボールを挟み、親指か薬指をボールの下に添えます。
人指し指と中指の間からボールを抜くイメージで、手首を動かさないように意識しながらリリースするといいでしょう。

 

指が短くても投げられるフォーク系の変化球に、SFFがありますね。
SFFは、スプリット・フィンガー・ファーストボールの略で、高速で沈む感じで落下する変化球です。

 

フォークと同様に人指し指と中指でボールを挟みますが、やや浅く握ります。
リリース時に手首のスナップをきかせるというのが、フォークの投げ方との大きな違いです。

 

SFFも投げすぎると指や手首、肘に負担がかかりすぎるので、注意が必要になります。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ